どんな仕事をするのか

コールセンターでは、こちらから電話をかける「アウトバウンド」と呼ばれる仕事と、お客様からかかってくる電話に対応する仕事である「インバウンド」があります。アウトバウンドには営業を目的としたものもあります。オススメの商品について紹介したり、お得なサービスなどについて説明したりしますので、予め紹介する製品やサービスについてしっかりと知識を得ておく必要があります。こちらからから電話をかけてお話しすることになりますので、時には電話を受け取った方が電話を切ってしまうこともあります。こういったことが、この仕事の大変なところだと感じる方もいます。

しかしながら、お客様に喜んでもらえたり自社の良さを相手にちゃんと伝えることができると、達成感が得られます。また、インバウンドの方は、お客様から様々な問い合わせを頂きます。その際に、お客様がちゃんと理解できるように説明します。また、通信販売などの注文を受けるなどの仕事もあります。

どちらの仕事も、それぞれ良いと思うこともありますし、大変だと思うこともあります。いずれにしても、お客様が不愉快にならないような正しくて親切な言葉遣いと対応が求められます。また、お客様が聞き取りやすいように話す工夫も必要です。日ごろから話し方に注意しておくと良いかもしれません。